Multilayer Spiral

13428366_1292986587386580_1918403647603653588_n

今展は美術家の”地村洋平”がホストとして参加作家の選定を担い、2016年7月1日(金)から7月10日(日)までKOMAGOME1-14casを会場に 『 “multilayer spiral” グループショー (参加作家:地村洋平,Hochoul Lee,藤田朋一) 』を開催します。7月2日(土)にはオープニングレセプションに合わせて、参加作家3名と各参加作家が招いたゲスト3名づつ計9名によるトークイベント 『仮に日本的 “工芸” なるものをメディウムとして捉えるならば』 を実施します。 このトークイベントでは、次代を担う各参加者が日本的文脈に属する「工芸」なるものと、世界的発展を続けてきている「現代アート」なるものに焦点を当て議論を交わすことで各々の美学理論を展開し「在る課題」を再帰的、且つ多層的に掘り下げ展覧会の一部として還元することを試みます。

今、社会を大きく見渡すと、社会内部に様々な差異を孕み複雑化する現象と、もう一方で、I T化の急速な進展にともない矛盾を排除する形で合理化する現代世界が見えてきます。 このように対照的な方向で変化が起こる時代背景において、現代美術作家は自身が持つ文化的アイデンティティを踏まえながら「地域」と「世界」また「過去」と「未来」と時空を超え「表現」を展望し深層を掘り下げることの意味を問わねばならない局面にあると考えられます。

今展では、表現ベースの一つに「工芸技法」を習得した美術作家3名が参加します。歴史的技術の継承と日本的生活に深く根ざし、近代化・産業化、そして2度に渡る大戦の影響を受け高度情報化社会となった現在も尚、存在する「工芸」なるものをメディウムの一つとして捉え、各作家自身の思想や美学的な知見をもとに検討し、更には偶有性を受入れながら大局的に制作された作品が提示されます。その作品から現代美術作家が捉える「表現」と鑑賞者の捉える「表現」の差異から見える「矛盾」を浮かび上がらせ「表現」の限界と可能性の概観的考察を促します。 普段、私たちがどのように現代社会を見ているのか、また見落としているのでしょうか。鑑賞者にとって、これまでの日常で気が付かない堆積した歴史観やそこに内包する東洋的思想へと繋がる機会となるでしょう。 振り返ればダダから100年という大きな節目を迎えるタイミングでの展覧会となります、ぜひ、この機会にご高覧賜りますようご案内申しあげます。

【参加作家】

地村洋平

1984年生まれ 2010年 東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻鋳金修了、2015年 同大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻ガラス造形修了。 主な展覧会 <個展> 2013年 chim,2008-2013地村洋平個展 芸大美術館取手館/茨城,
2015年 ”Inner space / Can’t find my way back” GALLERYAN ASUKAYAMA/東京, <グループ展> 2012年INTERNATIONAL EXCHANGE EXHIBITION2012大低大学/韓国, 2013年 「窓と物語Vol.2」waitingroom/東京, 2014年GalleryAn Project “Leap Before You Look ♯1” GALLERYAN ASUKAYAMA/東京, 2014年 NEW CITY ART FAIR TAIPEI/台湾。<受賞歴> 2014年 東京藝術大学大学院博士審査展 東京藝術大学大学美術館/東京 (野村美術賞受賞)。
Hochoul Lee

1984年生まれ 2011年 東京藝術大学大学院美術研究科鋳金研究室修了。 主な展覧会 <個展>「知覚の結露」チイサイカイシャ/広島, 2015年 「私たちはゼリーの中で反転する」光明寺会館/広島, 2014年 「音と器、虚実」光明寺会館/広島, <グループ展> 2011年 「エマージングディレクターズアートフェアURTLA004」spiral/東京, 「ひたすらなる宗教的モノクレーム」Fuma contemporary Tokyo/東京。
藤田朋一

1976年生まれ 1997年 飛騨国際工芸学園木工科卒業。 主な展覧会 <個展> 2013年 「欧仏混淆」 もみの木画廊/東京, 2012年 「家紋から」RANDY ART HILLS/東京, <グループ展> 2015年 「TENGAI2.0」天明屋尚企画 A/DGALLERY/東京, 2015年 池袋アートギャザリング 東京芸術劇場ロワー広場/東京, 2014年 C-depot principle 銀座三越/東京, 2013年 アートフェアULTRA006 spiral/東京, 2012年 シブヤスタイルvol.6 西武渋谷/東京。

IorI production | イオリプロダクション
プロデュース:イオリプロダクション(岡本政博)
協力:KOMAGOME1-14cas
お問い合わせ:イオリプロダクション